会社概要 事業案内 お寄せ頂くご質問 お問い合わせ リンク プライバシーポリシー サイトマップ
HOME クリスタルキング
外壁補修工事
 
外壁補修工事とは見た目をただ綺麗にするだけではありません。コンクリート躯体を保護する 機能が重要なのです。外壁仕上げ材が劣化してしまうと美観や居住性の問題だけでなく、コンクリートの塊やタイルが最悪の場合落下し、人命を奪う可能性もあるのです。そのため、タイル1枚1枚から細部に至るまでチェックし、その症状に合った最適の処置を行います。 一般的に行われている補修工法を簡単にご説明いたします。
   

モルタル・タイルのひび割れ(クラック)補修


Uカットシール材充填工法

コンクリートやモルタル壁に発生しているひび割れをダイヤモンドカッターでU型にカッティングし、可とう性エポキシ樹脂や弾力性エポキシ樹脂を充填します。


   

自動式低圧樹脂注入工法

躯体に取り付けた逆流防止弁付きの圧力タンク(グラウトプラグA)にエポキシ樹脂を注入することで、圧縮されたタンク内空気の圧力を利用してにエポキシ樹脂をひび割れ部・浮き部にゆっくり注入するものです。

   

セメントフィラー擦り込み工法

0.3mm未満の微細なひび割れの補修はセンメントフィラーなどの微弾性フィラーを擦り込みます。

   

コンクリートの欠損、爆裂(鉄筋が剥き出しの状態)補修


エポキシ樹脂モルタル充填工法

高強度なエポキシ樹脂モルタルをコンクリートの欠損部や爆裂部に充填します。


   

タイル、モルタルの浮き補修


アンカーピンニング部分注入工法

外壁タイルやモルタルの躯体コンクリートからの「浮き」を補修する工法です。 「浮き」のある部分にドリルで穴をあけ、エポキシ樹脂とステンレスピンで固定します。


   

シーリング工事


シーリングは紫外線や、温度変化、地震等の要因により劣化します。
シーリングが切れたり、ひび割れてきたら、打ち替えが必要です。
あまり放置してしまうと雨水等が建物内部に入り込み建物劣化を招いてしまいますので、
外壁補修と同時に行うことをお勧めいたします。
   
  このページの上へ

まずはご相談ください

 

 

 
中部エーケン株式会社 名古屋市千種区松軒2丁目13番22号 電話 052-723-7390(代) 
HOME会社概要事業案内建物改修工事リフォームクリスタルキングお寄せ頂くご質問お問い合わせサイトマップ
Copyright (C)Chyubu Eiken co.,ltd. All Rights Reserved.

トップページへ